ピアノフラメンコ研究部

✨ピアノ&フラメンコ✨を中心に据えつつ、フラメンコについての情報ブログです。

【予定】11月

こんばんはてらみです。

 

そういえば最近全然宣伝していませんが、

ピアノもちょろちょろ弾いていますので、

お時間有る方ぜひいらしてください♪

 

11月

【グランデセオ】
11/4(日)12:00-15:00

 

【西洋楽器発表会】
11/18(日)開場18:00 開演18:30

 

11/23〜29上海

 

今日は久しぶりにグランデセオに行きました♪(2時間くらい)

 

電車でも翻訳や色々書いたり、

数字譜を5線に書きなおして……、

そのあとヴァイオリン生徒さんの伴奏、

帰ってきて翻訳……。

 

明日は雑誌……六本木新オフィス!

 

 

これから~!
2019年1月自作曲ライブ
2019年2月音楽制作の機材揃えたり準備 他
2019年3月ピアノ以外の楽器が一切不明なので、バークリーのオンラインコースオーケストレーションなりそれに準ずるものを齧る
2019年5月スペイン(ヨーロッパ回りたい)←おい

 

マジで無茶苦茶やりたいことが多すぎます。

 

あと、母が都内に越したいと言っている。

 

とにかく早め早めに考えておこう!

やりたいことがありすぎるので、

優先順位を考えていかねば!

 

たとえば、社会人時代は、


来月の目標は、どう取り組む?
週毎、日毎に何をしなきゃいけないのか。

3ヶ月ごとにキックオフがあったりした……。

 

いまや崩れすぎて一日が24時間じゃなくなってる^^;

そこまでギチギチにしなくていいけど、

決めた上でテキトーにやろう(^_^;)

もうすこししっかりしよう。

 

いつかっていうことは実らない。

 

 

といいつつ、

最近携帯をなくしており……(´;ω;`)

ラインが通じませんm(_ _)m

ご不便おかけしておりますm(_ _)m

 

(ピアノの上に置いといて、たぶん、
その上に楽譜置いてた小学生の生徒さんが

間違えて持って帰ったので大丈夫なんだけど)

 

でもタブレットあるので普通に仕事は出来ます~。

  

他のことは将来に繋がるし、ものすごく勉強になるから良いんだけど、

カマレラ毎週は流石に……、ちょっと早々に相談してみます。

周囲も皆いい人達だし、色んな人に接することが出来、

謙虚な気持ちにはなれるのですが、さすがにちょっともういいかもしれん。

 

人に相談するのが苦手で、

人間関係ポイするのは得意。

 

アホなノリが楽しくなって、

深夜テンションでアホ動画を作ってしまうので^^;

優先順位を考えて動きます。

youtu.be

 

 

日々日々しっかりやっていこうと思います!

ご飯もしっかり食べて……、

あ、食べ物は こまつな より じゃがいもがよいのよ!

 

 

踊りはどうしたものか、

火曜レッスン出てみて良く考えよう……。

(※あ、踊りは趣味だよ!!!!!)

 

自作曲は未完の断片が山のようにある、

整頓がつかん……、

とりあえず思いついたときに大枠だけ作っといてディテール直すようにしよう……。

【練習】ボッケリーニ メヌエット

ちょっと無理にネタを探すのが大変だっただけで、

ネタが有ったので更新します^^;(そこはテキトー)

 

 

18世紀のスペインで活躍した作家の曲を伴奏することになりました。

 

基本情報

wikipediaより

ルイジ・ボッケリーニ(Ridolfo Luigi Boccherini, 1743年2月19日 - 1805年5月28日)は、イタリアのルッカ生まれの作曲家、チェロ奏者。

 

生涯

当時弦楽器が盛んだったイタリアのルッカに5人兄弟の3番目として生まれる。(ルッカは後にプッチーニの生誕地としても有名)。父レオポルドは町楽師のチェロ・コントラバス奏者だった。彼や、ルッカ大聖堂楽長のフランチェスコ・ヴァヌッチらからチェロを学び、13歳でデビューを果たした。その後ローマでも研鑽を積み、20歳前半には父と共にウィーンの宮廷に勤め高い評価を得る。

父が亡くなった後はヴァイオリン奏者のマンフレーディと組み、ヨーロッパ中で華々しく演奏活動を行う。1768年には演奏会の本場パリのコンセール・スピリチュエルで成功を収めるなど、名声を極めるが、1769年スペインの宮廷に招かれドン・ルイス皇子付き奏者兼作曲家となり、マドリッドで後半生を送った。(同時期に画家のゴヤもドン・ルイス皇子の庇護を受けている)。

かつては1785年ドン・ルイス皇子の死去後はブランデンブルク=プロイセンに渡りフリードリヒ・ヴィルヘルム2世に仕えたと伝えられていたが、実際には王室作曲家のままスペインを離れず、作品をブランデンブルクプロイセンに送っていたらしい。晩年は失職し貧困と忘却の内にこの世を去った。遺骨は1927年になり生地ルッカへと移されている。

 

 音源

www.youtube.com

 

 

ちなみにこの人のfandangoが好きで。(餡団子……)

www.youtube.com

 

 

練習風景^^;

明日合わせなのに楽譜がもらえず!

アンサンブル譜面見たりしつつ、見つけたわよん。

www.youtube.com

ポケパーク限定のピカチュウ帽子です(レア!)どや。

ちなみにジェットコースターに乗ったことがない(´;ω;`)

 

 

がんばる、ということについて、

よく考えたら私自身は、

のほほんと地道にやっていただけなので、

(そりゃそれなりの我慢もしたけど)

これからもそうするです。

ていうかもっとテキトーだったわ! と、

多少テキトーにやることに。

 

 

テアトロで踊るのも、

久しぶりにものす~ごい緊張した、から踊りも踊りで、

続けようと思った。

 

踊りに関して昨日の夜いっしょうけんめい考えて、

今の自分より1mmでも大きく踊る♪

という最高の目標が思い浮かんだのでこれでよし!

がんばるぞぉてらみちゃん

ちょっと人んちで、

 

3時間でジャズの基本的な概念を説明してもらいました。

あと音楽の色々なこと。

 

「君、フラメンコやってる場合じゃないね……?」

「そのとおりでございます^^;」

(ほそぼそ続けます)

 

来週ようすけさん、(こないだたまたまあった時、ふと話したら面白がってくれて流れで)

その次のクミコカーロさん(実は友達の紹介で前からぼんやり知り合いで一回レッスンうけたこと有り)

  

 

画像をかぶせる機能を見つけました。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

フラメンコ踊ってるとよく言われる、

「若いのに」「MOTTAINAI」は、一切通用しないんです。

 

なんでかっつーと、

自分がもともと行きたかったレベルにはおそらくいけないんですよ。

 

ピアノ、20歳の時ブルグミュラーから再開^^;

自分で言うのも何ですが、手がちっこいのによくやってます。

(昔書いたものを漁ってたら、ショパンのワルツを模倣した曲とか出てきた(笑))

 

歌の方ですが、

声楽を始めた頃、最初から3オクターブ出まして、

曲も結構作っていて、結局何も出来なかった。

 でもこれからは違うと思う。

 

自分の認識として、自分めちゃくちゃ天才とかではないけど、 

まぁ、いろんな運とかやり方が良くなかったと思う。 

 

6年経っても私が未だに悔しくて泣けてくるって相当ですよ。

フラメンコの人達は一切知らない頃のてらみちゃんですよ、

 

誕生日の段階でライブしたい、7年目の正直(笑)

 

 

 

踊りもほそぼそ続けますが……、

 

ていうか、

もうマジで完全に辞めようとおもっていたのを、

周囲の励ましにより、

もう少し続けてみることにした!!

 

(ちなみに前の先生のとこに戻るのは、

本気で絶対に地球がひっくり返ってもありえないです)

 

ただ、自発的なキモチなので、

という大きな一歩!

これは、私にとっては超大きな一歩です。はい。

がんばるぞぉ。

【色々】よだかの祈り

 

youtu.be

 

弾き語りの準備を少しずつするぞー!

この曲は一回ライブで歌ってるし、

もともと出来る曲で、カバーもあるし、楽しんでやります。

 

てらみ発表会で久しぶりにびっくりするくらいお褒めの言葉を頂いてたけど、

それは、まだまだ赤ちゃんが「うわー喋ったよー!」て言われたよーなものだとてらみは理解している(゜_゜)

 

 

最近のお仕事は、

勤め先の発表会の準備、他教室とかヴァイオリンと合同で知らない曲に巡り会えておもしろい!

うわぁー、楽屋の部屋数が足りーん!

いかにして、リハと楽屋利用を回すかの倉庫番みたいに話し合ったり_(┐「ε:)_

タイムテーブルを作り、

ヴァイオリン生徒さんたちの伴奏を仰せつかったら、

うわなかなか合わない〜日付(笑)

 

www.instagram.com

 

 

あとあしたカマレラして、

 

 

翻訳がねぇまた三千字くらいあって、

中国語能力スピーチコンテストみたいなやつ?

の会話劇の日本語字幕らしいんだけど……。

 

その他では、

モンゴルの手書き数字譜を五線にして伴奏つけたりする必要あり、

 

みげるさんがギターと合わせよーよ、

とゆってくださったので、

まあ機会があったらすごうく嬉しい……(*´ェ`*)

ちょっとずつ始めて温めていきたいな(*´ェ`*)

 

あと、アンサンブル部は休止で、

かいとくんと、あんりさんとの会に戻った(^o^)

 

※ちなみにこのブログに個人名をそこまで挙げないのは、

前に友達がブログ無駄に晒されてて、

そのとき、自分が言われるのは無視すればいいけど、

先生に迷惑かけたらやだ、

ってことを心配してたから、

(ちょっといろいろ粉砕しに行ってみた←おい)

そうしてるだけ、他意は無い。

 

いろいろ、

ちーさなことで悩んだりしてるけど、

一つ一つ丁寧にやってゆきます!

 

今日華楽坊の人たちに会ったら、

鄭老師(←呼び名がウケる)忙しいでしょ大丈夫? と心配されてたりだけど、

 

無駄に悩む時間多かったから!!

 

実際まだまだ余裕ぶっこいていられると思う!

 

ヴァイオリンの先生が一個上で優しくて美女だー!

あと一個下の古箏の子がぽへーっとしてて可愛いし、

 

他の古箏の子が大学院のテストで音楽の指導要領勉強してたり、

ベートーベンの簡単目なソナタを練習してるので、

私が行く日よく会うので、

ピアノ室を明け渡して外で待ってるんだけど、

聞こえてるので、突然部屋に入って、

「今の音、半音違う! えーとね、ほら、この小節臨時記号ついてるでしょ?」

とか、やってる(笑)

つまり超楽しい。

 

 

てらみのうわー、楽しい、楽しそう! は、尽きない。

 

しかし、なにせ、てらみ文芸部〜文学部だったからか、

ものを書くのにめちゃくちゃ信じられないほど時間がかかる。

今日の記事は割とテキトーですが、あえて日本語を崩したり、

考えて考えて、校正と削る作業で、もんのすごく悩む(゜_゜)

ブログこれ時間かかりすぎ。

 

それに反して日々勉強になることがありすぎ!

 

ということで、

現実の日々をもっとうまく回すためには、

今度こそブログお休みします、

そしたら、踊りのレッスン続けてゆく時間作れるにょ(*´ェ`*)

【フラメンコ色々】Beautiful World

フラメンコの発表会でした。

 

昨日の夜、

翻訳の作業中BGMを無作為にかけていたら、

やたら聞き覚えがある曲が……

タイトルを見て、歌詞を聞いて、ギュッと思った。

youtu.be

受け取りました❤

 

その後、

20のときに作った曲の、

Cメロともう少し歌詞が出てきて、

 

やった、もうけたー! と大喜び、

そして朝5時に床につきました(おい)(笑)

 

 

 

色々発表の場はありますが、コンクールなどは、

基準として存在しなければならないだけで、

 

それより、

ずっと「ごめん実は踊りあんまりやりたくない!」

と、

思っていた私を、師匠がここまで歩かせてくださったことは、

本当に容易でないことだったはず(^_^;)

 

 

今日のお客様で、

スペインに行ったときに買ってくださったという

踊り手を象った陶器人形を、

ピアノ部屋に置いてみました(●´ω`●)

 

www.instagram.com

 

祖母と母の知り合いの方たちが10人くらい来てくれて(^_^;)

毎度来てくださる埼玉のご夫婦が妹夫婦を連れてきて、

彼らはオーストラリアから昨日来日したというので、

私「て、てんきゅー!」とテンパる。

 

中国人複数とオーストラリア人一名が、

なぜか日本でフラメンコを見てるという、謎(^_^;)

 

 

 

もう、この先は多くを語る必要はないと思います。

そして打ち上げのセビジャーナス騒音公害の発起人、

私だから。心で全力土下座えへへ(笑)

ああいう場で自然にフィエスタが始まるといいのだけどなぁ。

 

 

でも他方面には、

少し語らなければいけないことがある。

 

打ち上げの場で、

私から何を言ったわけではないけど、

 

「●●ちゃんはけっして悪い人ではないけど、

あやみちゃんに関して言えば、完全にサヨナラしてもいいんじゃないの?」

と言ってもらった。

 

 

 

フラメンコやってる中で、実は私自身は、

足のテクニカで男性の生徒さんと並列で、

気兼ねなく、てらしまー!!! って叱られてた頃が、一番楽しかった。(oh)

 

余計な気遣いは私にはいらーん! 

と、思っていた(^_^;)

 

 

宇多田ヒカル いいよね

youtu.be

 

堅実にやってゆこ。しばらく弾き語りしつつも。がんばるぽん!

【音楽色々】今後のこと

自分のピアノ好きエピソードをちょっとだけ紹介します。

●小学校の合唱祭の伴奏♪

●中高のときは中断、でも毎日一時間くらいは遊ぶ

●ピアノの脚元で睡眠をとることも←それはどうなの

●最近だと、

「お父さんはどこにいるんだろう」→ピアノを弾きながら「あ、ここにいた!」

 

ていう感じなので、

 

ピアノ好きがピアノを弾くという至極当然の日々を送るんです。

 

そういう大事さです!

 

continued story 〜これから〜

勤め先が、中国音楽学院海外向け検定試験の初日本会場になりました(色々翻訳作業中)

女子12がくぼうの団長さん(秋公演の宣伝で来日)のインタビュー同行

 

その後、

森川さん宅で音楽理論レクチャーを受けたり、

このあいだ雑談していたら、容すけさんが面白がってくれて、弾き語りのことを聞いてもらったり、

クミコカーロさん二日間集中レッスン

モンゴル笛の子の曲

 

 

そのような具合なので結構ガッツリ音楽のことがあります。

あとフラメンコのこともちょろちょろギターさんたちから学ぶ感じ。

 

完全にやめはしないけど……。

バーレッスンは継続するつもりです。

自分が全然できない状態で、明るく接してもらえて、

その後の時間、お子様たちへの声かけが良くなるので。

あとはまだ考える部分でもある。

 

色々失敗しつつ、少しずつ成長します!

進んでいかないとですね。

あー、ちょっとスッキリー。

発表会楽しもう。

【音楽色々】「教える」を考える の巻

ちょっと今日のブログはすごく長いです(笑)

 

とくに雑誌バイト始めてからですが、簡潔な伝え方を模索していて、

長文疲れるかなと思ったけど、

削りすぎて詰め込みきれないより、たまには良いかしら。

 

続きを読む