ピアノフラメンコ研究部

まだ日本では知名度の低いピアノフラメンコについて考える時の瑣末な記録です。

手探り日誌~アゲイン!~

最近いろいろドキュメンタリを見てます。

 

素敵な動画みつけました。

ピアニスト小林愛実さん✨

(なぜか途中でループしてるんですが)

www.youtube.com

弾き方を変えていく。

 

昔でた夏恒例の中国の歌コンクール、

今日、日本予選だったけど見に行けなかった。

ゆかりがあって、ちょっと先輩的な感じでコメントを書いた。

「続けることが大事、結果より楽しむことが大事」的な。

 

偉そうなことを書いたけど、

どう進んだら良いのか迷ってばかり。

 

家族にも周囲にも感謝。

f:id:ayamiterashima:20170624201339j:plain

f:id:ayamiterashima:20170624201405j:plain

f:id:ayamiterashima:20170624201438j:plain

アゲイン!!

出演情報:7/1グランデセオ

けふは、雨ですねー。

7/1(土)八王子のグランデセオでピアノを弾きます。
http://www.deseo.jp/schedule/index3.html
開場17:30 1部 18:30~ / 2部 20:00~
各45分程度 入替なし
チャージ:¥ 2,000です

エドワルド・クラビホさんと長谷川正子さんのパレハ※で、
ソロンゴ!
(※パレハ:2人で踊ること)

こないだグランデセオでご紹介してもらったら、
そんな話になって、
ソロンゴは旋律が単純だからよかったです。
いろいろ対応できるようにしておかなきゃと思いました。

今回はメロディ弾いてるだけなのですが、
リズム感がんばるのと、
もっと情感を込めていけるようにしましょうね✨
f:id:ayamiterashima:20170621140356j:plain
おうちのピアノさん。

手探り日誌~エアギター選手権~

ごきげんよう~、

ソロンゴの合わせで、

弾きにいけることになり大慌てで調べ物をしました。

分からないこと多すぎる(´∀`)

本番が来週なのでさすがに使ってもらえるかは不明ですが嬉しいー!

......................................................


フラメンコってギターの音大事じゃないですか。

 

でも、

他にもやりたいことがある中で追加は無理……、

ジャズの先生に一度お会いした時に……、

ギターは爪のこともあるし、やらないほうがいいよ、と言われました。

 

とはいえギターを知らないとやりようがない……、

と思って動画を眺めていて……、

 

【エアギター!!!】

 

youtubeとかで、

ギターのhow to動画とかがあるので、

「曲名 como tocar」とかで検索すると出てきます。

www.youtube.com

 

コレを、画面の前でてきとうに真似ます。

 

なんとなく自分が弾いてるつもりになると……、

 

・トントン(ゴルペ)

・じゃらぁ~ん

・パラララパラララ……

・じゃかじゃん

 

奏法の名前はなんとなくしかわからないけど……、

大雑把にしか聞けていないところがクリアになります!

 

(※ギターはわからないので、

何弦とか、左手のコードの正しい押さえ方までは考えてない)

 

完全に不審者だけど超楽しいです。

 

■使いみち

で、口で歌えたら大丈夫そうです。

あと、友達のパルマ叩きながらコード進行や、メロディーを元気に歌っている。

不審者だけど。

「♪とぅーーるとぅーーるとぅーるるーとぅーるるるるー」

↑例/シギリのファルセータ。

 

単音ならソレで対応できるけど、

和音はそうも行かないから、

ジャズとかでしっかり度数とかで捉える方法(?)を知っていけばよいかな。

-------------------------------------------------------

■カウントしながら弾いているやつ

www.youtube.com

 

■奏法の解説があるやつ

www.youtube.com

 

エアギターいいです。

いままでなんとなくしか見ていなかったのですが、役立てられそう!

 

ネットは情報がすぐ手に入って情報過多になりがち。

それに、いつもすぐ自分より圧倒的にすごい他の誰かが見つかる。

忘れちゃいけないのは、そうじゃないことのためにやることかなぁ。

だからフラメンコいいと思います。

ももちろんやるならうまくなりたいし強くなりたいものです。

手探り日誌~友達の発表会~

こんやは、
西日暮里:アルハムブラで、
f:id:ayamiterashima:20170618231244j:plain

大切なお友達の発表会を見てきました。
f:id:ayamiterashima:20170618225848j:plain
楽しかった。

明日は夜までバイトです。
人手不足らしい。エイヤで!

手探り日誌~奥濱春彦先生ライブ~

おはこんばんちは!!
ひたすらバイト行ったりεε=(((((ノ・ω・)ノ
練習したり‹‹(´ω` )/››
今週ちょっと目まぐるしかったけど、
毎日元気に暮らしておりますヾ(:3ノシヾ)ノシ

昨日はショーを見てきました!

■奥濱春彦先生です✨
www.haru-studio.com


今習ってる先生なのですが、
リズム感が、
尋常じゃないです。

踊りも、バレエとかクラシコエスパニョール、ホタなどの、他のスペイン舞踊にも造詣が深かったり、
リズムも、インドとか色んな所から集めてたり、
他にもとにかく多才で、

でも喋ると意外とおもしろかったりして最高です。

今回はファルーカとかがあって、
四拍子見る機会少ないので勉強になり、
アレグリの足がかっこよくて、見てる側もどんどん楽しくなります✨
そういえばカサアルティスタの火曜会で会った山本海さんも出演されてました。

6/29(木)夜もあるらしいです。
品川プリンスホテル系列のバーで、
フラメンコのお店じゃないのでチャージとかが無く、気軽に行けます。
http://www.princehotels.co.jp/takanawa-area/spainfair2017/menu.html#section9

いつか、ピアノで先生の踊り伴奏をするのが密かな目標であります。
リズムはもとより、たくさんチカラをつけられるように、がんばるーぞ(๑• ̀ω•́๑)✧

曲種紹介【ソロンゴ】

けふは、

自分でもびっくりするほどたくさん睡眠をとったのですが、

果報は寝て待てと申しますように、

ピアノを弾く新たなチャンスがめぐって来たわけです。

詳細はおいおい✨ 

 

で、そのため今日調べたのが、

ソロンゴ なんですよ。

 

普通にフラメンコやっていても、なかなか遭遇しません。

zorongo と書くので「ぞろんご」と、

固く信じていたのだが……、

ソロンゴね。 

 

色んな曲があって、色んな歌があって、

やたらめったら多種多様に変化するフラメンコ……。

民俗芸能ですし、

いろんな地方のものが混ざって変遷しているしで、

訳が分から……いえ、興味深いです。

-------------------------------------------

とにかくいろいろ聞いてみましょう。

バリエーションが豊富で、なかなか面白いです。

 

まずは、

●ピアノ伴奏+歌のバージョン。

あれ?! メゾソプラノですね……!

最初フラメンコを探したつもりで聞いて固まっちゃいましたよ。

www.youtube.com

後述しますが、

どうやら、もともと歌曲としての形が存在しているようなんですね。

 

ギター伴奏

www.youtube.com

 

 -------------------------------------------

ここからがやっとフラメンコになってきます。

 

●ギターソロ

www.youtube.com

パリージョ(カスタネット)が入っていて美しいですね。

 

●ピアノフラメンコのjose romeroさんバージョン。

www.youtube.com

 

 ●踊り

www.youtube.com

聞いてみると、ブレリア(12拍子)のリズムのようです。

 

なるほどねー思ったら、

 

●今度はソレア(12拍子)っぽいじゃんか……。

www.youtube.com

 

●そして、タンゴ(4拍子)にも……。

www.youtube.com

 

 

どういうことでしょうか……。

しばらく目をゴシゴシしていたのですが、

 

そういえば、フラメンコは、

他の歌(コロンビアーナなど)も、

いろんなリズムに当て込まれるという、

そういった変化を平気でします……。

 

-------------------------------------------

 

●それでは、そもそも、ソロンゴってどこから来たのでしょう?

ガルシア・ロルカの詩のようです。

血の婚礼などを書いた人ですね★

 

 

日本語による解説
flamenco-sitio.com

flamenco-sitio.com

 

じゃーん、ロルカ本人による録音・la argetinaによる歌があります。

www.youtube.com

 

その歌が、フラメンコに取り込まれていくようです。

 

ロルカ自身ピアノの名手だったということですので、

こんな譜面もあります。

●楽譜

Canciones españolas antiguas (García Lorca, Federico) - IMSLP/Petrucci Music Library: Free Public Domain Sheet Music

(国際ピアノ楽譜ライブラリプロジェクト)

情報過多になるので参照程度で。 

 -------------------------------------------

 

色々あるのですが、

もしかしたら、

例えば、

「ねこふんじゃったをジャズアレンジしたり

遊んでいるうちに、いろんなバリエーションが増えたよ」みたいなだけかもしれないので、

体系的に捉えようとするのはおよそナンセンスですね✨

 

私は、まずは頂く機会に合わせて、

とにかく時間をかけて、数をこなして、

たくさんパターンに親しめばいいのでしょう。

 

 

それから、今日は、

タンゴ・ブレリア・ソレア……といろんな言葉を出しましたが、

どれもまだ説明できるほど知りません。

また機会があったら調べて書いていきます。

手探り日誌~のんびりした話:ペーニャ~

けふは、
っていうか最近、
のんびりモードです。

前にもちょろっと書いたけど、フラメンコにも、集まりが、
コンクール・ライブ・お浚い会……、
いろいろあるんですね。
何かないと、やっぱりがんばりにくいですもんね。

その中の一つが、

【ペーニャ】
言うなればフラメンコの同好会です。

私が先々週に行った会は、
ボランティアのグループを結成している人たちが主導で、
3ヶ月に1度、広めのレッスン場の場所を借りて、集まるらしかった。
で、ふらっと行っても参加できるんです。

50人くらいはいたかと思うけど、
いかんせん年齢層が高く、60歳超の人たちもわりといた。
踊りの人もギターの人もいて、
それぞれ目標を(どんなことでもいいからと)口々に話していた。

その日は、鈴木眞澄さんが特別講師としていらしていた。
印象的だった話が、

「フラメンコを本気でやろうと思ったら、楽しいだけで有るはずがない。
一人ではやっていられないから、
時々こういった集まりの場で元気をもらい、また自分のお稽古に戻っていく」
「やることが多すぎるから、一生かけてどれだけ学べるか。車いすになっても上半身だけでも踊る」

用事があったので中座したけど、
その後お浚い会みたいなのもやるみたいだった。

やっぱり趣味でやるといっても、
何かしらないと頑張れないですもんね。
そのサイクルの中に細かい課題があって、
毎日が潤うんでしょうかね。

かくいうピアノの方は、いかんせん枠がないので、
とにかくあちこちでやりたいと言いまくることにしています(*Ü*)