読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノフラメンコ研究部

まだ日本では知名度の低いピアノフラメンコについて考える時の瑣末な記録です。

ピアノフラメンコ手探り日誌~シギリージャ⑦~

けふは〜、
踊り手Kさんと合わせてみました。

【ジャマーダについて思ったこと】
~長さがわからないけど、同時に止まろう~

●ジャマーダ……循環していたコードが途中から、
1度の和音(仮)だけで進む、ゴリ押しに変わります。
プロギターさんにくっついて弾いていた時、
これは、いつ・なに基準で変えているのかなと思っていましたが……?


●1人でやってみて、
踊りを見ながら、ピアノが余らず、
きちんとスグ一緒に止まれるようにしよう、と思った。
→自然とコードを一つに変えていた。

→なかなか終わらない場合、
→冗長なので退屈しのぎに音を足していた。

ということで、当然の帰結なのかも?
それが、盛り上げたように聞こえるのかもしれない?
(ブレーキとタイヤの摩擦熱??)

ジャマーダ以外にも当てはまりそうです。