読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノフラメンコ研究部

まだ日本では知名度の低いピアノフラメンコについて考える時の瑣末な記録です。

ピアノフラメンコに必要な力?(弾くスキル)

けふは、
弾く作業に関して、
まだあまり触れていなかったので、まとめてみました。

【左右でいろいろ出来る】
●左右で1つのリズム
●左右で別々のリズム
●伴奏/旋律 左右持ち替え
●旋律/旋律

(練習)
今のところ上から3つ目までいろいろ試しつつ、
簡単なことが確実になるようにやっています。

恐らくそれのみでは行き詰まるので、
弾く力を高めようと思い、

他に例えば……、
大バッハ「インベンションとシンフォニア
・弾きながら各声部を階名唱。
・これでリズム変奏が理想。

なんだか意外とポリフォニーが効きそうです。

もちろん、それ以外でも
いろいろ試していきます。

......................................................

【あらゆる調で弾くことが出来る】
ギターが元なので、タパオなどの例外を除き、
ほぼ常に和音が背後にあります。
これを歌い手さんの高さによって、
その場で移調せねばなりません。

聞き馴染んだフレーズならなんとなくの感覚で間に合いますが、
それ以上になると、コードネームで考えているといちいち真新しくやるのも大変で、

そこで、
●和音をコードネームではなく、
度数で捉えれば良いのでは?!

※度数:ローマ数字で書かれているやつ。
主音に対して何番目の和音……と考えるので、
→ギターのカポで移調できるに近い捉え方だと思います。

細かい非和声音は守備範囲外ですが、そこは柔軟に対応です(※テキトーの意)。

(練習)
知っているフレーズを全調で移調奏。
・和音の度数を口でいう
・変える前に言える状態が理想

※和音や旋律で迷うと、リズムが落ちてしまいます。

......................................................

打楽器で叩く場所を間違えるのとは訳が違うので、
なるべくミスタッチは無くしたいものです。
(とはいえ、迷ってリズムを外すなら音を外した方が、フラメンコではマシ?)

最大の敵は迷いです。