読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノフラメンコ研究部

まだ日本では知名度の低いピアノフラメンコについて考える時の瑣末な記録です。

CDレビュー【Manolo Carrasco"Gitana"(2005年)】

けふも、CDご紹介です。

【Manolo Carrasco"Gitana"(2005年)】
1971年生まれカディス出身。
conservatorio Manuel de Falla de Cádiz
(カディス県マヌエルデファリャ音楽院※)を出て、
その後も音楽を学び、数々の賞を受けています。

(※昨日紹介していたSergio Monroyと同じ学校)

基本的にはクラシックの人で、
スペイン作曲家の作品を多く弾いています。

彼の場合フラメンコと言っても歌無し。
コンパスと旋律を元に曲を作った、
……という方が近いかも。

演奏スタイルは、
・伝統的な旋律をアレンジした、規則的なフレーズの繰り返し。
左手伴奏、右手旋律。
・リズム楽器が背後にいてずっと一定に刻んでいる。
・歌やハレオがない。


Amazon
https://www.amazon.co.jp/Gitana-Manolo-Carrasco/dp/B000LZ5RS4

■CD収録曲
https://youtu.be/FJcRMHgigYI

シギリージャの動画紹介(過去記事)
http://pianomia.hateblo.jp/entry/2017/03/25/141902

......................................................
ピアノフラメンコと、ひとくちに言っても多岐に渡っていますね。どんどん聞きましょ〜。