ピアノフラメンコ研究部

まだ日本では知名度の低いピアノフラメンコについて考える時の瑣末な記録です。

手探り日誌~7/20合わせ、クルシージョ~

【7/20向け合わせ】
シギリージャとアレグリの伴奏参加です。

初合わせなのが、
教室に所属せず、クルシージョとか出て、
ペーニャとかぼんぼん顔だしていつの間にタブラオに出るようになった方で、
タブラオで見ると、不思議な魅力がある大好きな踊り手さんです。

●振りも何もかも自分で考えて、
構成もスパーンと組み立てて、サクサクっと説明できるチカラ。
●知らないことは知らないという、卑屈にならない。
●歌とかギターとか垣根はない。

すごく親切で、
カサとか、ペーニャとかに、
顔を出しまくればいいよーとの事なので、
健康的に時間作って行こうと思います。


【イバン・アルカラクルシージョ
シギリージャコンパス】
パルマか何かと思ったら振りだった。
●イベリアスタッフ曰く「スペイン人らしからぬ親切さ」分からないと隣まで来てくれる。
●上手い人はパーツを取ってた。