ピアノフラメンコ研究部

✨ピアノ&フラメンコ✨を中心に据えた、音楽についての情報収集&活動記録

手探り日誌~ソロを踊るには? 弾くには?~

フラメンコをやってみるなら、
わりと、さぁ、サッサとソロを踊ってみよう! 派です。
だって、自然な流れでフラメンコをやるとしたら、
逆に、群舞の方が遠くない?
群舞もいいと思うけど、
ソロを踊る気がある人はどんどん頑張ったら良いと思う。

とりあえず、
『一応通して踊れました』レベルの私視点だと、
ソロ踊るのにはいろんな要素があると思うけど、

⚫まず一人で通して踊れて、
⚫ギターカンテさんと一緒にやったりして合図の伝え方を見つけていって、
⚫表現を高めていく......、
的なこと!!!(わりと受け売り)

ソロ?

第一歩目の、
意味がわかってなくても、
まず一人で通せてバックの手助けで形になるという段階は
【無音でも通して踊れるくらい】
だと自分は思っています。

(元来、手がかかることなんだと思う......)
まだ背後から踊り手さんを眺めて少しですが、
やり方が見えてこないんだろうな……。と感じています。


そして、
ソロが初めての人は、と~っても不安なはずです。
さらに「いきなり複数曲に挑戦するぞ!」とか来ると、
頑張ろうという思いの強さゆえの、
不安やストレスが増大するようです。

そして、
(そこから来たのかな)と思われる行動が、
ウニ化。

つまり、周囲へのトゲトゲ発射。
(※本人は自覚なしなので、下手にトゲを折ろうとすると、更に攻撃力が上がり逆効果)

でも、裏を返せば、そのくらい
「素敵に踊りたいけど、
いったいどうしたらいいんだろう?!!」

と思っているということではなかろうか?!

でも「先生怖いから個人なんて頼めない」と言っているパターンは……、
(どうするんだろう)なんて思ってるけど。
トゲが出る位置は逆に弱点。
勇気をぽんと出してみるか、
周囲も弱点に対してよほど丁寧に接してあげれば大きな伸びしろになるのでは。

クラゲのごとく色んな所に行っている私に関しては、
ひぃたん様は生徒さんに、
「まだまだこれからのアーティストだから皆と同じように、
一生懸命勉強しながらやっているから一緒に成長していきましょう」というスタンスで伝えてくれるので、
これはもう、とってもありがたい。
元気とフットワークが取り柄なので、ドンドン行きます。

アウェイに行かないといけない
伴奏練習生は思っていた以上にガクブルしてます!!
普通に叱られるのは良いんだけど、そうじゃなくてが気になる。
うーんまだうまく分解できない。

しかも自分はギター練習生さんのように宿題を持ち帰ったときに
支援してくれる先生がいないため、
一歩間違えると、
ものすごい逆効果になるので色々危惧して動けなかったのですが、
工夫しつつ頑張ってまいります!

弾くには?

これはまだわかりません(笑)
自分が今通っている踊りのスタジオで全てが完結したら、
そんなに嬉しいことはなかったんだけど、

ちょっとやっぱり単独では無理、
流石に、
ギターのことは餅は餅屋だろ……と思い立ち、
善は急げで、ギター原田和彦さんのリズム体験に行ってみた。
(kikudake flamencoを出している)
やっていることも、アレンジ物ではなくて、
現在もスペイン側と交流深そうで情報を集めやすいかなと思った。

自己紹介したら、
自分の踊りの先生が昔、通ってたらしく、
ちょっと話が聞けて超和んでます(*´ω`*)
(※出~!!!! 先生好き過ぎ奴~!)えへへへへ。


というわけで、
もうひと頑張りで、やろうとしてたことに、とりあえずたどり着くと思う。
(といつも思ってるんだけど、なかなかたどり着かない(笑))

一人でできるようにするまでの道のりは、
精一杯やりつつ、一人だけでやろうとしないことだと思う。
間違っても修正できるように。