ピアノフラメンコ研究部

✨ピアノ&フラメンコ✨を中心に据えつつ、フラメンコについての情報ブログです。

【映画】J:ビヨンド・フラメンコ

今日、
やっとこ見てきました。J:ビヨンド・フラメンコ。

(日曜。渋谷。人間。多い)
映画館は空いていましたが。

見てて面白くはありました。
とにかく、いろんな所のホタが見られました。

北の方なのでバグパイプが出てきたりし、
最近バスク音楽を聞いて、
いいなと思っていたのでちょうどよかった。
山岳地帯は遠くまで通る音ですね、笛とか。歌声も。

いろんな地方のホタに紛れて、
フラメンコ風というのが出てきたけれど、サラ・バラスで、私得でした。
また、現代風ホタということで、ジャズフュージョンの歌も。

フラメンコに出てくるのによく似たメロディも聞かれました。


最後に、天井の照明が映るなど、
カルロス・サウラ監督の他作品でも見られた、メタ的な表現が今回にもありました。
製作途中の空気感も含めて映画てことかひら……?
あるいは、民俗芸能は自然の中あるもので、あくまで作り物ですということかひら……?(書割(?)も、風景を敢えて子供の落書きのようなタッチにしている)

うーん、あれこれ安易に考え始めるのが良くないくせです。
あまり考えて解釈をつけすぎないことにします💧


ついでにギャラリーで、澁澤龍彦の所蔵品……、
ビアズリーサロメがあって、それは素直にいいと思った。
(これって、実用しちゃうのでしょうか?)
とドキドキするような物が売約済になっていた。
あの別に、私がそういった方面行くというより、
物事にあんまり驚かなくなるようにはなるか、と思って眺めているだけです悪しからず。

電子ピアノを、
見ておこうと楽器店に立ち寄りました。
木製の鍵盤のやつはタッチがそれなりにイイなと思ったけど、
6桁ね……(´・ω・`)

そしてバイトにいってきまふ|・x・)ノシ
基礎練の話はまた次回っ💧