ピアノフラメンコ研究部

✨ピアノ&フラメンコ✨を中心に据えた、音楽についての情報収集&活動記録

手探り日誌~カレンダー買いました~

今年はまだ先のことが決まらないのと、
流石に生活リズムが崩れすぎているので、
今日は特にもにゃもにゃしています。

そしてだらだらと、
文書翻訳をやってみていて、
こないだお誘いいただいた音楽教室から、
「これならスペイン行ってからも出来るんじゃない?」とゆうことで、お試しで貰いました。
(もはや日本に中国語できるはかなり人多いのですが)

うちの母が在日中国人向けの新聞社にいて、
文化芸能関係も担当しています。
その関連で昔っからほんのちょっとだけお手伝いもしていました。
翻訳作業(公演パンフレット、挨拶文など)、仕事先に同行(ゲネ見学、取材同行など)

世界を舞台に演奏旅行されているような方から、
プロアマくらいの方までお会いすることがあり、
先に裏方から見てしまったので、変な憧れとかがなくなったし、
国内だと業界が狭すぎて、
自分でとってきたお仕事でも母に出くわし、
それはそれで大いに悩みどころでした。

一方のフラメンコだと、
まだ何も知らないから、楽しいかなという気もして、
だからこそカマレラバイトしたり、
そこから繋げていくことって、面白いなと思って色々しております。
全然私自身は足りないことばかりで、
ひたすら色んな方にたすけていただいております。

それを今年はさらに発展させて、<スペインに行ってから、帰ってきてから役に立つ>というふうにしていきたいと思っています。
色々調べものはたくさんしたのですが、
知識はあくまで知識なので、実践とは違います。
まだ全然なにもできてないです。
なので、どうせなら、
今年はおさらいミニミニライブとか、
プロとの共演ライブを繰り返したりした方が面白くていいかもな、とかなんとか。

その時に気になるポイントがですね、
フラメンコって、活動的な若手の人は全然教室にベッタリしていないようなのですね。

例えば、私は中国系で見てきたものがあるし、JK3ちゃん至っては10代なので、
せっかく凝り固まっていない意見や新しい人間関係を出すことが出来るのに、
頭ごなし系だと、恐らく良くも悪くも七五三になっちゃうんですね。
若手が単独で動く理由はそのへんも一因になっているのでしょう。



時期を分けてやろうと思ってるのが、
●フラメンコのピアノ曲オリジナル
ピアノ曲オリジナル
●中国物コラボの企画ライブ
とかとか……。いろいろ考え中です。

結局はなにをやるかより、誰とやるかという事のほうが大きく、
かつ、まだまだ教えていただきながら伸ばして頂く段階なのですが、
その中でも、自分のやりたい方向性で出来て、
ちゃんとギブギブでできるようにしたほうが、
一石二鳥で楽しそうだと思っているので、
ざっくばらんに相談しつつじゃないとやりようがないんですね。
なのでいろいろ取捨選択を考え中なのでした。