ピアノフラメンコ研究部

✨ピアノ&フラメンコ✨を中心に据えた、音楽についての情報収集&活動記録

【雑感】現代社会とフラメンコについて思うこと

ブログを読んでくれる知人から、
調べ物はどこかに書いてあることだから、

もっと思ったままを書けばということで、

また、カサアルティスタの新運営の方にお会いし、
もっと垣根なくなればいいのにね、と非常に共感したため、

日本のフラメンコについて思うことを、
ものすごくかいつまんで書きます。

 

派閥や内情を知らないため、
かえって、そういった意見が求められているのでは、
と思っている次第です。

(まあ私自身は、

ただ楽しくピアノが弾きたいだけでもあるのですが……)
色んな方、上の方の方とお話してみたいのはこんな話なのです。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

①フラメンコにかぎらず若年層の抱えている課題

よく言われることですが、
・幼少期に地域の交流などを経ていないため世代を超えたコミュニケーションが苦手な傾向にある
・全てがネットで事足りてしまう人間関係の希薄さ

 

②フラメンコの持つチカラ

これもよく言われることですが、
・非言語コミュニケーション
・初対面でも盛り上がれる

 

③スペインに勝てるか?

これもまたよく言われることですが、
・「腐ってもスペイン人」と言えど、
人気スペイン人アーティスト:
「習ってない、友達や兄弟からもらった」「なるべく生が良いが、音源は古いものを聞くように」
若手スペイン人アーティスト:
「動画から歌をとっている!(フラメンコポップスなども好き)」

モデルノな演奏スタイル云々以前に、
周囲の評価、私の体感値としても、「フラメンコらしい何か」の部分が失われている気がする。

スペイン人だからとかではなくて、非言語コミュニケーションが成り立っている場合はなんとなくイイなと思う。

⇒日本には:
・本国で通用するレベルの人が既に多数
・指導ノウハウ有り

※在日外国人の子供が、親が片言でも、流暢に会話できるように、世代を重ねていくごとに、本当に全く問題なくフラメンコが扱える可能性は高いです(言語学には明るくないので調べないと説明できませんが)

というか、それを含め新たな派生形となります。

 

具体的に動くには

⇒【若手の掬い上げが必要】
(※既にフラメンコに接点があるポテンシャル層を探りたいですね)
・大きな教室でなんとなく続けている(ライブ興味あるが面倒見てもらえず、自分で動き方わからない)
・学フラ在籍で、やる気に質が伴っていないパターン
・学フラから卒業後、就職を機にフラメンコをどうするか? 下手するとなんとなくやめちゃう層
・ずっとフリーでタブラオ出演、きちんと学んでいない

 

⇒【裾野の動きにも注意する】
・ペーニャの増加
・プロ・アマの垣根をなくす支援企画の増加 

・他、エミリオマヤさんが、日本人をオーディションしてグラナダかなんかに連れて行ってますね。


④アジア圏へ


・中国・台湾:日本のコンクールに飛行機で来る、既に専門の学校があるなど意欲が非常に高い。
・どこかしこもギターカンテ不足
・ギターでは日本の教材にお問い合わせが入っている素晴らしすぎな現状アリ!
・既に上海などでも日本人クルシージョ行われている

 

Tips.

今&これからは、

・若手獲得、育成、新世代フラメンコ界の形成

・日本をアジア最大のフラメンコ拠点へ

 こんな感じじゃね? と妄想しています。


ゆとり世代への対応:
ジェネレーションギャップ5年で話が通じなくなるといいます。
扱いづらかったら、
ネットで調べて新入社員教育の資料とかが良い感じかなと思いました。
てか、社会人時代も上司から手を焼かれていて(・・;)常々すみませんと思っていた。

親&ゼミの指導教官から「なんかほっといたら勝手に育った」と言われていた(・・;)

●テアトロ公演の活性化にも繋がります。

例えば、タブラオで30人だけ月イチで動員⇒年間延べ人数360人になります。
若手をライブに出す→親、友達など新たな知らない層取り込み

→キャッチーなネタも良いのですが、そればかりに走らなくても良くなるかも?

●バイレ・ギターでもなんでも、

「質が伴っていないのに偉そうに」と邪険にされていた人たちが、どんどんどんどん登ってきています。

「フン!」とか思うなら、助け合えばいいのに。

 

何が何だか知らないけど、本当に、みんなもっと助け合えばいいのに。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ざっとそんな感じです。 

「ん? ちょっと言えてるかも」と思ったら、
どなたでもドンドン使って欲しいです。

私にできることがあればいくらでもします。

 


変なことしてるなあ、馬鹿だなあ、と思われても気になりません。
いろいろ試行錯誤しているので、的外れなことも多いと思いますが、

あいつ馬鹿だなと笑ってもらえれば。