ピアノフラメンコ研究部

✨ピアノ&フラメンコ✨を中心に据えた、音楽についての情報収集&活動記録

【その他】現代音楽は蕎麦?! 新垣隆らのトークショー聞いたメモ

下記のトークショーを聞いてきました。

 

natalie.mu

 

その場で取ったメモをそのままぶっこみました。

人名には何かの動画を無作為にくっつけている。 

 

もはや文章に成ってないので、

勝手に読んで勝手に感じてくれ、と、

ユーザビリティ完全無視です。

 

入り口って大事だよね

 

ex)ジョン・ケージについての知識範囲

①文学部/言語学中心とした哲学(≒思想)
音楽学部/音楽理論≒物理学

 

①禅など思想/②十二音技法

【専門知識はあるがそれ以外は何も知らない】


一般レベルだと両方 思想哲学扱いにまとめられるに過ぎない
ユリイカなど)

 

広く浅く大事 導入書!
ex)英国 Introduction Series
しかし現代音楽だけないw

何も知らない状態スタート


理論だけではよくわからない
理論&思想 ややこしい
入門書

分かりやすく網羅的な良著だよ という話

 

帯コメントについて

新垣さん/何を頼んでも想定を軽く超えてくる(本人もよくわからない)

フルクサス⇒「古臭さ」という冗談だったような気もしてきたらしい

 

ラ・モンテ・ヤング
蝶を解き放つ

 

脱音楽の連続(音楽史
※反抗ではない


1970〜ポストモダン
新しい音楽の可能性を信じる モダニズム

→一音ずつを発すること自体音楽という見方

ポストロック

 

シェーンベルク

www.youtube.com

この当時から現代に到るまでずっと同じくらいの脱音楽具合


一般大衆に理解されようとすることを手放した
芸術至上主義
プロパーのみ聴衆との乖離

高尚


音楽の消費の仕方
その場に座らせ続けるか否かの前提
コンサート

 

リゲティ

www.youtube.com


林光

www.youtube.com

 

新垣さん/自称 存在自体がノイズ

頼んだことは何でもそこそこやってくれる「ゴーストライター体質」

 

近藤譲

www.youtube.com


現代音楽は蕎麦(?!)

 

AIの登場


90年代→何とか風の音楽作れる
メロディーとハーモニーのコンビネーションで曲を作ること
=既に創作の余地はない、終わってる

 

著作権 アイデンティティの象徴に過ぎない

和声法等 AIで一瞬
作曲家のスキル✕

ただし人力車程度に残る

 

なぜなら
将棋囲碁 AIが人間に勝利しても

→「人々は人を見続ける」
人工知能にはできない仕事

ex)お題を出されて即興演奏

誰かが実際にやっているという事自体の価値

 

1920ピアノロール ホロヴィッツ

 

VRの登場
→そっちのほうがいい
→それでも人間を選ぶ
※違い-対人の問題の有無?

文化を求める気持ち=コミュニケーション

 

蕎麦分析
素材
文脈・ブランド・物語
食事=打ち手とのコミュニケーション

 

そもそも音楽体験とは?
その場で音が生み出されるということを共有する
人、空間
コミュニケーション
体験の質

 

 

アーティストのストーリーを知る聞き方
マーケティングの上での利点
本質ではない

本物を求める時代が来る

✕作曲家の消滅→

ワークシェアリング
→余暇でやれる

⇒【みんなが作曲家になれる】

→ボタン一つでできることの無価値さ
→新たな可能性としての現代音楽

 


コンビニ弁当は体と精神に悪い

 

文化を見るか見ないか

結局人を求めるはず


新垣さん「神とは」⇒時間の都合でスルー……


著作権についてどう思う? 撤廃すべき?

 

中川俊郎

www.youtube.com

コンサート曲間に著作権の話(!?)


スコア

作家守られる?

著作権保護のためのネット検索、検知システム

新垣さん/anonymous名義で発表した
ぱぶりっくどめいん

 

言葉 共有しているもの
作品 著作権→作家性

印税は3%

 

編曲などの微妙な判断はまだ人間にしか出来ないはず
→それもどれだけプログラミング、学習させるか

→【現状AIにできないことをやり続ける】


(既にストラヴィンスキー風のプログラ厶、などはある。)

 

現代音楽儲からねえ

現代アート村上隆 草間彌生
=お金つく

現代音楽:武満徹ジョンケージ
フルクサス
デュシャン

現代アートとも言えるかも

音楽もうからねぇ

 

新垣さん/ショック 東大 宇佐美圭司壁画事件

 

Q.これからの現代音楽作曲家に求めること
スタイル(表面の顔/コンテクスト)如何にかかわらず
お蕎麦であれば美味しいお蕎麦
剽窃

 

野球:performanceart前衛的?!

→そう見えるのはルールがわからないから

作品はスポーツではない

 

 

感想

まあ最近結構ドライというか心が乾いている(乾燥)

自分のいい加減な所感ですが、

フラメンコ:大衆が出来る、参加型

余暇~冠婚葬祭 人生のすべてを反映・内包するものということで、

コミュニケーションそのもの。

確立されておらず「ぽさ」を捉えることすら困難

という強み。

 

今後も色んな可能性があるといいなと、そんなところです。

 

 

(フラメンコの時との表示数が段違いでそこがまた悲しい^^;)