★フラメンコ研究部。★ .:*el mismo*

フラメンコについての情報ブログです。(ピアノフラメンコや中国関係なども)

【レポ】2018年上海展覧会Shanghai Flamenco Exhibition

上海で行われた、

フラメンコ展覧会を見にゆきました。

 


f:id:ayamiterashima:20181125213731j:image

 

 

動画:開幕式の様子

www.youtube.com

 

主催のkarenさんは、
普段は、一般企業で働いていて、
ここ2,3年でフラメンコに興味を持ち、
「芸術を応援する活動をやってみよう!」と、
行動し始めたそうです。

 

https://www.instagram.com/p/BqmTghOgegC/

【フラメンコ展示会en上海】


展覧会について


●今回の展覧会は7月に思い立ち、中国国内の芸術家に頼んで、今回のために作ってもらったもの!
スタートアップなので、まだまだ向上してゆきたい。
●日本や台湾はとても近いので、やり方や芸術品などをぜひ紹介したい。
●日本は進んでいるのでぜひワークショップなどの可能性も探りたい。
日本の状況を学びに来てみたい。

●小物の運送は簡単だが、絵や写真などの作品は保険付きで運送するのに費用がかかる。

 

●広州で作った衣装などをスペインに輸出している。 (※中国の南方では、布製品などの工業が盛んです)
●ギターも多くないが、カホンなどはあまりない(?)

 

動画:上海展示会の様子

 

www.youtube.com

【フラメンコ展示会en上海】karenさんという一人の女性が、周囲の協力を集め、フラメンコに関連するアート作品を集めた展示会を開きました。まだまだスタートアップで、今後国外の作品も紹介したいと考えており、日本のフラメンコにも大変興味を持っています!

 


今後の展望


★完全に未定ではあるが、ぼんやりとしたイメージとして、

来年秋頃に行えたらと思っている。

 

自己紹介と作品があれば展示できる。
費用などは自分たちで協力しあって出しているので、
現在、協賛・後援を求めている。


手前味噌ではありますが、
来年の展覧会には、
自分の父とスペインに行ったとき、

その時の写真を是非多くの方に見ていただけたらと思って……(*^^*)
そんな話をしていました。
日本からも紹介したい素敵な方たちがいます。

 

 

私が上海で動き回れることは、本当に母や親戚のおかげです。
安全な生活を送れることは亡き父のおかげです。
すべてを私が背負い切ることはできません。
自分にできることをしてゆきたいです。

 

 

https://www.instagram.com/p/BqmT9YgAzHT/

【フラメンコ展示会en上海】karenさん、小虎さん(喫茶店経営)、陶器製作講師など、様々な方たち参加して、大変温かい繋がりを作っています。来年以降も頑張って続けていきたいということで、日本で写真、絵、小物など制作している皆さんも是非応援・参加していただけるように、繋いでいきたいです。

 

国際交流の意義

 今年、日中平和友好条約締結40周年を迎え、
日中関係は良くなっています。


karenさんは「フラメンコがあればすぐに仲良くなれる」と語ります。

中国のフラメンコは、

まだまだここ20年弱のことなので、コンクールなどもなく、

いろんなところでただ愛好として、

ひたすらにみなさん情熱を傾けて集まっているのだそうです。

だから、より高い技術や知識を必要としており、スペインに行く人も多いです。

Karenさんは、それとともに、

より身近な台湾や日本との交流でも、解決していけたらと望んでいます。

 


逆に、
日本のように、フラメンコ業界が成熟していることは良いことですが、その反面、凝り固まった仕組みや序列の中では、軋轢が発生し、先が見えなくなります。

新たなステージとして、アジアの交流が、図られることを通じ、様々な状況を打破する一手となることを祈っています。

一人ひとりがすこしずつ手伝って、大きな輪が生まれると嬉しいです。

 

ただ、何があるとも言い切れないため、

国内だけでの活動とは違うアクシデントが発生する可能性も考えられます。

 

 

中国は、

急速な成長が目立ち、
また、現在、

一帯一路というアジアみんなが一つになって協力し合おうという施策をしていますが、

中国国内の問題も多く、例えば56の少数民族がいて、
あまり仲良しじゃないことがあります。
そのような場でも、
やはり共通の何かを持つことで、
仲良しになれる、ということも言われています。

 

日本においても、先だってあげたような社会問題についても、ほかにも様々なことがあると思います。

 

このようなまだ始まったばかりのイベントも、

人の思いが込められているので、

きっと、もっと広い意味で役に立ってゆくことだと信じています。

 

加油加油,弗拉门戈艺术让爱好者无国界

(頑張りましょう! フラメンコの芸術・愛好者に国境はない)

今日知り合ったKarenさんの言葉です♪

 

 

まだまだ私自身も未熟です。
雑誌のお手伝いなどを通じて日中関係をより深く理解し、
他にも様々なことを学んでいく必要があります。

実家暮らしで、親の応援があるからこそ様々な試みに挑戦しようと思えます。

皆さんにお世話になったことへ、

なにか出来たらとずっと願っていて、

もちろん、自分の作曲や演奏などの活動もしたいと思っています。

 

フラメンコを愛するみなさま、ご支援、ご鞭撻のほど、
どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m