★フラメンコ研究部。★ .:*el mismo*

〜世界の音楽と〜フラメンコ・中国 民族音楽とかのブログです。

【私見】ちょっと辛口めにフラメンコで中国進出するなら的な話

ほにゃにゃちわ~、

中国では、結構難しい面も多いと前にどこかで書いた気がするのですが、

そのあたりのことを、書いておきたいので、

今日は、ちょっと辛口に行きます。

 

毎日別々の人の話を聞きつつ探っていたので、

その総括としてです。

 

いろいろ変化している部分もあるかと思い、恐れ入りますが、

変に推進してもよくないことになると思うので、ご了承ください。

 

 

簡単に言うと、

マチュア同士の交流はいいけど、ビジネスとしてやるには結構厳しいよ

という話です。

 

完全な日本人の方にとっての中国がどう映っているのかはわからないのですが、

両方とも母国ですし、私が応援したいのは、

まず人間同士の交流を図りたいという思いなので、そこはご了承くださいな部分が多いです。

 

https://www.instagram.com/p/Bqr8kchAqjt/

上海で見つけた壁広告。①スペインの何かをひっぺがしてきたのか......?②イベリア航空

 

現状の捉え方

中国の人にとっては、

・フラメンコはあくまで趣味

・同じ労力で招聘するならスペイン人のほうがいい

・日本人と感覚が全然違う

 

日本のフラメンコ業界の行き詰まりは、

・テアトロ公演系のお金の使い方……(少しだけ見に行ったけど客席に同年代皆無)

・古い組織は特に若手のニーズがつかめてなそう

・人間関係の闇

 

というところが、今見てきた中では、かなりの問題だと思っていいます。 

(とてもピーキーなところを経てきただけかもしれませんが)

 

現状の交流point

●もともと中国にゆかりのある人たち(踊り手)

●出張の時に弾きにくるアマチュアギタリスト

 

あとこちらの方々

 

www.youtube.com

 

 

日本との違い

セビジャーナス、不人気( ´∀` )だって録音でできちゃうから~。

・レッスン面:ギターなどはとくに、一回受けてあとは自分で研究しちゃう

・教材は一人が買ったらシェアして使っちゃう(;'∀') 

クラシコ・ホタなどはまだまだ興味なし

・タブラオはまだないです

・子供レッスンは少ない。バレエやヒップホップのほうが人気。

 

進出するには

●まずはアマチュア

①駐在

②出張

③学生インターン(フラメンコに加えて、将来の展望が広がります)

④旅行

 

③はわたしもちょっとプッシュしたい。

日本企業多いし、今の上海暮らしぶりけっこう良くて……。

https://www.instagram.com/p/Bqtkm-vAhdz/

T-ONE【中華と洋風のコラボカフェ!】①中華ぽいラテ・茉莉拿铁(ジャスミン ラテ)・桂花拿铁(金木犀ラテ)②すぺしゃるはるまき(中身はポテトとひき肉、チリソース)③白身魚のフライ&サラダ(ばるさみこ酢〜) 改めて上海楽しき……!!中国はInstagramもNGなので(翻壁のwifiを使っている)お店の位置情報とかがないのが泣ける。。#中華料理 #中華料理屋 #らてあーと

 

●私にできるお手伝い

人の紹介・webツールの紹介・現実的な落としどころを探す

 

難しいポイント

大きな公演

国外のアーティストの場合、

中国では様々な申請・費用面がマジでとても大変で、

てか、まず、フラメンコだし、

日本人よりスペイン人を呼ぶほうがいいし。

 

 

前の記事に書いた「アジアで解決」というメリットは、

あくまでも手軽で安価という面です。

 

だから、

楽しい。交流が図れる。

てところまでなんです。

 

ライブするんであれば、それこそ上の動画な感じ。

美味しいかそうでないかは、人によると思います。 

 

高い技術とは、

「日本のギタリストって、アマチュアでも結構普通に伴奏できるよね!!」

ていうところが一番大きいです。

 

教材とか……

・一人が買ったらシェアしてしまう(;'∀')
・ギターレッスン一度受けてひたすら研究してなんとかしてしまう(;'∀')

  

今できそうなコト

①踊り:日本に来てもらったときに交友を深める

日本への旅行・出演・スペイン人クルシージョで来日してもらって、

その時に交友を深めたりする。

必要なものがあれば、結構ズバズバ言ってくれるので、話は早いです。

 

②ギター:遊びに行く

・まず商売としてでなく、旅行とかで向こうに行って状況をよく知る

・ネット上で状況を聞く、相談する

 

費用面応相談て感じ。でもいろいろ親切にしてくれます。

 

あ、英語は結構どこでも通じる。

 

 

私の行動♪

来日を応援する

「日本で出演する機会があれば来るかも~」

ということだったので、そのあたりの機会を見つけたら案内したりします。

 

 

展覧会の事♪

日本国内で中国語のわかるフラメンコ友達と連絡中。

いろいろまだこれから対応できるようにしておきます。

結構、絵も描けたり手芸出来たりするお友達がいるし~。

 

ライブ

私がまた行ったときに一緒にライブしたいので、

動画でやり取りしつつ、ピアノで音つくる~、みたいなことは話してます。

 

 

んで、

ビジネス路線で考えることは得意ではないし、

 

私にできるのは、

①人の紹介 ②情報収集と案内 ③現実的な落としどころを探る

ということだけだと思いました。

それが一番安定していい結果を生むと思います。

 

中国の人たちも、今いろいろな面で、頑張ってるんです。

私もwin-winになる部分を探るし、

それよりか日常とか自分の足元を大事にしたほうがいいし、

ちょうど両方とも納得がいくラインがあったら動こうね~って感じです。

スペイン人から「はいはいお金お金」って仕事としてされるのって悲しいです。

本末転倒にならないようにしたいところです(*^^*)

 

(補足)

2年くらいはフラメンコ主体に頑張っていて、

いろいろ考えましたが、

自分には、スペイン文化以前に、日本と中国の間で揺れ、交流を願うこともあり、

また、音楽方面の可能性が広がったことで、

なかなかフラメンコばかりにパワーをかけることが難しくなってしまい、

 

相当前からタブラオに出ることなども、私には勿体無いお誘いだとは思いながら、完全にお断りしていました。

 

でも、他のことならまだしも、

日中関係となると、自分が動かなければという気持ちが湧いて、

やはり、そこから広がる未来の可能性として、

草の根で推進していくことはとても有意義だと思っています。

 

とはいえ、私の知識や行動範囲も限られているので、

日中両国にゆかりがあり、

フラメンコメインに活動している友達たちに相談して、

私が一人で音頭を取らずに、分野外の視点を持ちながら緩やかに関わり、

なるべく自然に、交流が広がってゆくようにしたいと思っています。

時間がかかりますが、結果的に良い方向に向かうと思います(*^^*)