【レポ】現代音楽の鬼才"シャソール"

ビルボード東京のライブに聞きに行きました。

 (Norikoさんありがとうございますm(_ _)m)→Norikoさんブログ

今月は色々見にいく機会が多くて感謝です。(この他、まだあります)

 

キーボードとドラムのデュオの現代音楽のコンクレート的な作品。

独自路線のアーティストでした。

 

あまり詳しくないジャンルですが、新鮮でした!

演奏はもちろん相当なハイレベルでした。

 

Chassol

www.billboard-live.com 

 

www.billboard-japan.com

 

こんな具合。 

www.youtube.com

でもなんかやっぱり動画とかも、

何気ないようでメッセージ性があるものもありましたね。うーん。

 

日本公演では、日本のゲームセンターで撮影したものがあり、

「ゲームをやることで、現実世界の問題解決のヒントが得られることがある」的な文言が繰り返されていたので、

その切り口は、やはり現代音楽でないと語れまいと思って妙に納得していました。


が、もちろん、それもどういうことか定かではありません。

国語(現代文)の問題に頻繁に文章を起用される作家さんが、自身の文章についての問題が「(そんな意図で書いてないので)全然解けなかった」ということを、別の本に書いてたのは一部では有名な話ですね(確か清水義範)